1. TOP
  2. 康一の日記
  3. 霧です。それは、隠れるのにちょうど良い

霧です。それは、隠れるのにちょうど良い

 2022/11/02 康一の日記
 

こんにちは、康一です

今朝は霧が出ていました

朝の霧ってなんだか良いですよね

雰囲気があると言うか、なんというか。とても幻想的な風景を楽しませてくれます

ずっーっと昔の事なのですが、ロンドンに住んでいたときに、同じように霧がたちこめる朝がありました

当時は建築の学校に通っていたのですが、街が霧に包まれている景色を見ると

「なんか、ミステリーがおきそう」

と、いつにもなく、変なテンションになっていました

それほど「霧」って、なにか、秘密めいた雰囲気があって、私は好きです

そう考えると、私は結構、雨とか風とか、そういう、普段とは違った景色を見せてくれる天気が好きなようです

シトシトと降る雨の音を聞いていると、なんだか心が洗われるようで、心地よくなりますし

風の音が、ビューっと吹いているだけで、なんだかテンションが上がったりします

もちろん、晴れの日も、それはそれで好きなのですが、

何もかもが見透かされているような、「お天道様は全部お見通しだ」的な天気よりも

ちょっと曇った、良くも悪くも、「見通しの悪い」天気の方が、なんだか落ち着く気分になったりしますね

そういう日は、静かに家で音楽を聴きながら、好きに本を読んでいても、誰にも何も言われない

無意識に、そんな安心感を感じているのかもしれません

まあ、晴れていても、本は読むのですがね

というわけで、今はまっている本は

「中村好文著、湖畔の山荘」です

建築の専門書なのですが、何がワクワクするかって

中村先生の、図面が読める! しかも詳細図まで丸ごと全部! さらに先生の解説付きで!

もうね、もうね、ほんと、読んでて楽しいんですよ

すごく変な話なのですが、本を読みながら、図面を見ながら、そばに先生がいて、いちいち図面を説明してくれる

そんな特別な時間を過ごせるんですよね

そう! 読書って、その本を好きになればなるほど、著者が「すぐそばにいる」

寄り添って、本を一緒に読んでくれている

脳内に著者がいて、語りかけてくれている

読書って、そういう心地よさがあるんですよね

だからかな。私にとっては、著者との特別な時間を過ごすために、静かでひとりになる時間が、なによりも大切なのです

だからですね。霧や雨や風が好きなのは。

世界を私から、遠ざけてくれるから。

\ SNSでシェアしよう! /

スピリチュアルで、楽しい人生を! スピタノの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スピリチュアルで、楽しい人生を! スピタノの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

康一

康一

スピリチュアルガイド「スルタン」のチャネラー。2021年6月までに23,000名様以上にヒーリングを提供。2020年「スルタンとの対話」を上梓。全国書店にて販売中。現在は、その人だけの「ガイド」と、チャネリングする方法の伝授を、メインに活動中。ミッション「今、ここにいて、喜びの中で、生きる」を実践する人を増やす事

・詳しいプロフィールは、コチラをクリック

コメントを残す

*

CAPTCHA


関連記事

  • 日曜日は平和、だけど暇でもある

  • スピリチャルガイドは、突然の予定変更にも、事前に対処する

  • はじめまして!

  • 後悔の無い人生。それは小さな幸せの中から始まるのです

  • 月曜日は、完璧さと不完全さの間が似合う

  • 文を書く。放電する。