1. TOP
  2. ブログ
  3. 【経験談】40代男性こそ日記を書くべき理由とは?成長を実感できる効果的な書き方

【経験談】40代男性こそ日記を書くべき理由とは?成長を実感できる効果的な書き方

 2019/09/14 ブログ
 

こんにちは、康一です。

この記事では、40代で「これから日記でも書いてみるかな」とお考えで、書くべき理由や、その効果を、実体験ベースで知りたいという方へ、書いています。

この記事を読むと、あなたは、

  • 40代この、日記を書き始めるべき、理由とは?
  • 日記を書くと、どんな効果があるのか?
  • 日記を、簡単に続けるために、コツとは?

を理解することが、出来ます。

ところで、私の自己紹介を、少し。

私は現在、ヒーラー・カウンセラーとして、高次の存在「スルタン」からのメッセージを、お伝えする活動をしています。

>>スルタンと康一のプロフィールはコチラ

クライアントのお悩みを聞き、スルタンからのメッセージをお伝えし、ご相談者様のお悩みを、解決しています。

述べ約11032名様に、ヒーリングをさせて頂きました。(2019年9月現在)

毎月8日に無料開放中の「ブロック解放」ヒーリングは、毎月600名近くの参加をいただいています。

ご興味ある方は、公式メルマガにて、ご案内差し上げています。

ご登録は簡単です。今すぐ、詳細をご確認下さいね。

 

なぜ、40代こそ、日記を書き始めるべきなのか?

まずは結論です。

40代で日記を書き始めると、自分の成長を実感でき、人生に迷いが無くなるから。

もし、あなたが、40代で人生に迷いを感じていたら、今すぐ日記を書くべきです。

日記を書くことで、自分自身を客観視するクセを、つけることができます。

人生を俯瞰して捉え、今の自分の現在地を知る。

現在地を知れば、自分が今現時点で持っているもの、持っていないものが、はっきりと分かります。

自分がどこにいるのかを知ることで、明日どうすればいいのか、明後日は? 1週間後は? 1か月後は? と、人生をより良くするための、手掛かりを集めることができます。

そうして集めたものを、自分自身の成長に使っていくことで、それが人生にどんどん積みあがっていきます。

そして、日記を書き続けることで、その積み上げを、目に見える形で、確認できるのです。

「日記を書く」というシンプルな行動一つで、多くの物を手に入れることができる。

こんなコスパの高い習慣は、ほかに無いですね。

 

日記を書き続けると、どんな良いことが、あったのか?

ここで、私が経験した、日記を書き続けて、良かった事を、まとめます。

 

人生を俯瞰して、見られるように、なった。

これが、ほんとに、大きいです。なんせ、一ページに、10年分の「その日」が書かれているから。

そして、自分自身を、客観的な「記録」として振り返ることで、自分自身の変化を、楽しむことが出来ます。

これ、なかなか、壮観ですよ。

 

仕事の振り返りが、容易になる。

40代になって始める日記は、その内容のほとんどを、仕事で埋まります。

ともすると、毎日の仕事は「作業」になりがちです。

気を抜くと、あっという間に流れ去る、毎日を記録する。

その記録は、確実に「積み上げ」てきた、軌跡を眺めることになります。

そして、仕事の振り返りが、短期スパンでも、長期スパンでも、可能になります。

なので、仕事上の計画変更や、あたらしいアイデアの発掘などが、簡単になります。

仕事で迷った時、次の新しい展開を考える時、日記は私に、素晴らしいインスピレーションを与えてくれます。

今では、計画の作成、変更、修正に、欠かせないアイテムになっています。

 

自尊心が高まり、粘り強く、なりました。

日記を10年続ける。これ、なかなか出来る事では、ありません。

1年でも、すごい事だと、思います。それを、しっかり10年続ける。

この事実だけでも、「ああ、自分は良くやっている」と、自尊心が自然に高まります。

そして、「続ける」こと「継続」している、その事実が目の前に「日記」という形で、現れます。

私は、何かをあきらめそうに、なるたびに、日記帳を眺めます。

すると、「自分には、これだけの事が、出来るんだ。だから、また頑張ろう!」

と、元気が出てきます。

 

では、どうすれば、日記を書き続けられるのか? 3つのコツです。

(わたしの日記帳、実物です)

では、日記を書くコツを、3つにまとめました。

これは私が、ここ7年近く書き続けて得た、生の情報です。

これを意識するだけで、日記を書くことは、とても楽な、日常の習慣にすることができます。

ぜひ、実践してみてくださいね。

 

書くと、決める。

まず、「書く」と決めることが、大切です。これは、とてもシンプルな事なのですが、私はいつも、この「書く」と決めた時の事を、思い出しています。

それは、40歳の誕生日の事でした。

社会人になって、約15年が過ぎて、成人男性として、さまざまな経験をしていきました。

会社や社会での評価も、少しずつ上がってきている実感もあるし、仕事にも少しずつ自信が付いてきていました。

結婚もして、ある程度の貯金もあり、順風満帆な日々だったのですが、その誕生日に、あることに気づいてしまいました。

それは、「この15年の間、具体的に何をしてきたのか?」を思い出せない事です。

年齢とともに記憶力が低下しているのは分かります。しかし、自分が1年前に「どんなことを考えていたのか?」まったく思い出せませんでした。

そして、さらに驚きだっことが、

「30代が、あっというまに、過ぎてしまった」こと。

この10年、自分は何をしていたのか? もちろん仕事はしていた。趣味も楽しんでいた。でも、具体的に、いつ、何をして、その時、何を考え、感じていたのか?

断片的にしか思い出せない記憶と、時間感覚が、30代をまったく無駄にすごしてしまったのではないか? なにも積み上げてこなかったのではないか?

といった、絶望と恐怖に似た感覚を、覚えてしまいました。

この「何もなかった」ように感じる空虚感を埋めるために、日記を書くことを、決断しました。

もし、あなたが、同じように、毎日に空虚感を覚えているなら、日記を書くことは、本当におすすめです。

これを習慣にすることで、あなた自身が、少しづつ積みあがっていく感覚を、実感することになります。

 

10年日記を買ってくる。

日記を書くことを決めた私は、誕生日のその日、自分へのプレゼントとして、日記帳を買うことに決めました。

ですが、私は何事にも、好奇心旺盛なのですが、同じく、飽き性でもあります。

今では、コツコツと積み上げていくのが、性に合っていると自覚しているのですが、当時の私は、「日記なんて、続いたためしが、ないからなあ」と、少し不安になっていました。

「なにか、おもしろくて、簡単に続けられるように、できないかな」

と、ブツブツ言いながら、文房具屋を見て回っていました。

そこで、目に留まったのが、現在使っている「10年日記」です。

中身をパラパラとめくり、私は「これだ!」と感じました。

1ページにひとつの日付。そして。そこに、10年分の「その日」を書き込む3行のスペース。

これだと、いくら飽き性の私でも、1日に起きたことを3行に書くことは、簡単です。

そして、さらに、10年分が1ページにまとめられているので、日記を書きながら、「1年前、何していたのかな?」と、すぐに読み返すことができます。

「これなら、わたしにも出来そうだな」と思い、その日記帳を買うことに決めたのです。

当時の事を振り返ると、とても軽いノリで購入を決めたことを、覚えています。

「まあ、続けられなくても、いいかな。誰に約束することも無いし、できなければ、それはそれでいいや」

と、考えていました。

なので、最初はあまり「気合を入れすぎ」なくて、気楽に始めるのが、続けるコツになりますね。

 

毎日書く。でも、まとめ書きでも、OK。

それから私は、できるだけ「毎日」日記を書いています。

今年で7年目になります。

自分が書いてきた年数が、そのまま日記帳の「記録」として、ページの半分以上を埋め尽くしているのを見ると、自分で自分をほめてあげたくなります。

ですが、実は、「毎日」書くことは、決めていません。

できるだけ「毎日」書くようにはしているのですが、日によって、忘れる事もあります。

1週間ぜんぜん書かなかったことも、ざらにあります。

それでも続けてこれたのは、日記を書く行が「3行」と短い事。そして、何も思いつかなければ、1行だけ書く、でもOKにしている事。

こうして、マイルールを、思いっきり低く設定しておけば、「あ! しまった、書くの忘れてた!」となっても、リカバリーは簡単です。

私の場合は、日記を書く時期が空いてしまった場合は、グーグルカレンダーで管理している、仕事のスケジュールを読み返しながら、その日に何をしていたのかを、記録として残すようにしています。

その日は、何時に起きて、何をして、何を食べて、どこへ行って、と、その日にしたことを、ただ書くだけでも、3行はすぐに埋まってしまいます。

この手軽さが、10年日記の特徴の一つですね。

 

【経験談】40代男性向け、おすすめの日記の書き方3つのコツと、その効果まとめ

では、まとめです。

40代から、日記を書き続ける、効果とは?

  • 迷いが、無くなる。なぜなら自分を客観視できるから。

日記を書き続けることで、そこに「40代のあなた」が現れてきます。その成長っぷりを見返すと、ニヤニヤしてきて、自尊心が高まりますよ。

そして、おすすめの、日記の書き方、3つのコツとは?

  • 書くと決める
  • 10年日記を買って来る
  • 毎日書く。でも、まとめ書きでも、OK

いかがですか? 日記を書くって、ホント楽しいですよ。

一冊の本の中に、10年間の自分がいると思うと、なんだか頑張って来たな、と、誇らしい気分になります。

たった3行の文章です。ものの2分で書ききれます。

いつ辞めての、だれも文句も言わないし、だれに言う必要もありません。

気楽に、まずは、だれにも見せない、あなただけの気持ちをつづった、秘密の日記を、手に入れてみませんか?

ステキな日記ライフを、ぜひ、楽しんでくださいね。

 

追伸:

ブログでお伝えしている、人生を喜びいっぱいにする、方法を分かりやすく、まとめています。

6日間で、迷いが消えて、自然と「幸せ体質」になる無料メールセミナーです。

読むだけで、心が軽く、元気になって、幸せ体質に、生まれ変わります。

今すぐ、クリックして、詳細をご確認下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

スピリチュアルで、楽しい人生を! スピタノの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スピリチュアルで、楽しい人生を! スピタノの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

康一

康一

はじめまして、康一です。

ヒーラー・チャネラーとして、高次の存在「スルタン」のメッセージを、お伝えする活動をしています。

このブログでは、スルタンから聞いた、この世で楽しく生きる知恵を、ご紹介しています。

・詳しいプロフィールは、コチラをクリック!

・康一の日記は、コチラをクリック!。

関連記事

  • 【年齢別】40代技術職が新しい仕事に挑戦する時にチェックすべき転職のやり方とは?

  • 何もかも、うまくいかない日に、運気を好転させる、スピリチャルな3つの方法とは?

  • 【1分で分かる】将来の不安を、あっという間に解消する方法とは?【経験談】

  • 何だかイライラする! 嫌な気持ちを一瞬で切り替える、3つの簡単な方法とは?

  • 【社会人向け】気づいたら友達がいない。つらい毎日を解消する3つの方法とは?

  • 辛くてストレス!理不尽な仕事に耐える意味に疑問な時の、転職3つのタイミングとは?