1. TOP
  2. 本感想
  3. 【本感想】バタ足ノンデュアリティ【金森 将著 ナチュラルスピリット】

【本感想】バタ足ノンデュアリティ【金森 将著 ナチュラルスピリット】

 2020/02/06 本感想
 

【本感想】バタ足ノンデュアリティ【金森 将著 ナチュラルスピリット】

こんにちは、康一です。

今回は、東京練馬区出身の「金森 将(かなもり しょう)」さんが書かれた本の感想です。

 

私の自己紹介を、少し。

私は現在、ヒーラー・カウンセラーとして、高次の存在「スルタン」からのメッセージを、お伝えする活動をしています。

>>スルタンと康一のプロフィールはコチラ

読書が趣味で、年間300冊を読みます。

普段は、クライアントのお悩みを聞き、スルタンからのメッセージをお伝えし、ご相談者様のお悩みを、解決しています。

述べ約13445名様に、ヒーリングをさせて頂きました。(2020年1月現在)

毎月8日に無料開放中の「ブロック解放」ヒーリングは、毎月600名近くの参加をいただいています。

ご興味ある方は、公式メルマガにて、ご案内差し上げています。

ご登録は簡単です。今すぐ、詳細をご確認下さいね。

 

解説動画

 

本のタイトル、著者名

本のタイトル

バタ足ノンデュアリティ

著者名

金森 将(かなもり しょう)

 

著者のバックグラウンド

東京練馬区出身。30歳を過ぎて願望実現にはまり、40歳を過ぎてケーキ 店を持つ。50歳を過ぎて覚醒を体験する。波のように絶え間なく押し寄 せる気づきの中身をブログに書きはじめると、みるみるアクセスが増え、 「ノンデュアリティがわかるようになった」「嫌いだったノンデュアリティへ の考え方が変わった」などの声が寄せられるようになる。
新たにウェブサイトを立ち上げ、メール講座やセッションをスタートさせるなど、 ノンデュアリティライター、スピーカーとしての活動の幅を広げている。
ケーキ店オーナー。愛妻家。元サーファー。

 

何について書かれた本?

簡単に要約すると「ノンデュアリティについて、エッセイ風に書かれた本」です。

  • ノンデュアリティって何?
  • 目覚めるって、どんな感じ?
  • 事実に触れるって、どういうこと?

について、理解できる本です。

 

読むべきポイント3つ

ポイント1

まず、この本の最大のポイントは「ノンデュアリティ」について、非常に分かりやすく書かれている点です。

実は、私自身「ノンデュアリティ」についての知識は皆無でした。

最初、書店で本書籍を見た時「何、この変なタイトル(ごめんなさい)」と感じたのですが、なぜか、ピン!と来るものがあって、手に取りました。

ノンデュアリティ? バタ足? 何の事だろう・・・

「ノンデュアリティ? なんとなく聞いたことはあるけれど、なんだったっけ?」というぐらい、ほぼ知識ゼロの状態で、読み始めました。

(ちなみに、ノンデュアリティとは、ざっくり言うと、非二元論、すべてはひとつ、という意味です。)

しかし・・・

非常に気づきが多くあった一冊でした。

多読の私で、年間300冊近く読みますが、久々のヒットでした!

著者の軽妙な語り口が、とても読みやすく、しかも著者自身の体験をもとに書かれているので、とても説得力がありました。

ノンデュアリティと聞くと、

  • すごく難しそう
  • 以前理解しようとしたけど、挫折した
  • 自分がいない? どういう意味
  • すべてはひとつ、といわれても・・・

と、なんだか「ふわっ」とした感じでしたが、本書では「それは日常で起こっているもの」と語られています。

そう、この「日常感」が、この本の最大のキモだと感じました。

覚醒、目覚め、ワンネス、全体性、など、スピリチュアルな世界で、言葉ではとらえどころが無いテーマを、エッセイ風の文章により、軽いタッチで理解できます。

 

ポイント2

どうすれば、「ノンデュアリティ」を体感できる? その方法が書かれています。

やり方は簡単で、身体を使って「瞬間」を感じること。

頭で「理解」するのではなく、あくまで「感じる」事を勧めています。

でも、そんなに難しい事はありません。

眼で見る物、耳で聞こえる物、身体で感じる物、舌で味わうもの、鼻で香るもの。

そして、次々に浮かぶ「思考」も、瞬間瞬間に「自動」で湧き上がる物。

その事を、思考ではなく「ああ、そうなんだ」と感じて、腹に落とす。

この「腹におちる」「腹にすわる」感覚が大切だ、と語られています。

私も、スルタンから、

  • 今、しかないよ
  • 過去も未来もないよ
  • 相手もいないよ
  • 自分もいないよ
  • 全体と離れたことなど、一度もないよ

と、言われていました。

感覚では分かっていたのですが、これを言葉で話すのが難しい。

そのジレンマを、ぴょん! と飛び越えてくれたような、そんな内容でした。

 

ポイント3

この本の中の、もっとも印象的だったページが「ドーナツの穴」の話でした。

「自分」なんていうものは、ドーナツの「穴」みたいなものなんです。

たしかにドーナツ事態ははあります。その中心には、たしかに「穴」もあります。

けれども、「穴」だけなんて捉えられないんです。

中略

確かに見えてはいるんですけど、ただの「穴」であり、実際には「ない」んです。

ドーナツを食べてしまえばわかりますよ。「ない」ってことが。

このドーナツの話を読んで、私は「村上春樹」の小説を思い出しました。

村上春樹の小説やエッセイには、多くの「ドーナツ」のセリフがあります。

たとえば、

「ドーナツの穴を空白として捉えるか、あるいは存在として捉えるかはあくまで形而上的な問題であって、それでドーナツの味が少しなりとも変わるわけではないのだ。」

これは、村上春樹さんの初期の小説「羊をめぐる冒険」にでてくるセリフのひとつです。

おもしろい一致だな、と感じながら、読んでいました。

ドーナツの穴=「自分」を「ない」と捉えても「ある」と捉えても、ドーナツ=「世界」が変わるわけではない。

この事実を、「あたま」ではなく、日常の「事実」として捉え、「ああ、そうなんだ」と腹に落とすことが、ノンデュアリティの理解につながると、感じました。

 

ちょっと同意できなかった点

同意できなかった点は、ほぼ「ゼロ」でした。

唯一、これは、テーマ上そうしても避けられないのが、ノンデュアリティを「言葉で伝える難しさ」が残る点です。

このテーマがそうしているのか、はたまた、言葉自体の限界なのか、かゆいところに、手が届きそうで、届かない、もどかしさを感じてしまいました。

でも、それは、私が日常に戻って、日々、「ばた足」を繰り返すように、日々の中で、実感として時間をかけて落とし込んでいくしか、ありません。

そして、なにより救いなのが、その「もどかしさ」は、著者の軽妙な文章が補って余りある点でした。

 

私の感想と、おすすめ度

本の全体の感想

正直この本は、たくさんの人に、手に取って欲しい本です。

よく、この本を出してくれた! と、著者さん、出版社さんを絶賛したい。

しかも、タイトルが「バタ足」です。一目見て「何の本か分からない」エッジの効いたタイトルです。

もしかしたら「ノンデュアリティ」という言葉を知っている人しか手に取らないのでは?

しかし、内容はとても深い。

そして、私が日々「どうやれば伝わるんだろう・・・」と悩んでいた事が、しっかりすべて語られている。

何か、具体的な問題が解決する本ではありません。

でも、そういう本は、他の本に任せればいいと思います。

この本は、真正面から「この世界の真実」が語られている、とても貴重な本だと感じました。

 

おすすめ度

星5つ ☆☆☆☆☆ 永久保存版にして、何回も繰り返し読みたい本になりました!

こんな人におススメです

  • ノンデュアリティって言葉は知ってるけど、詳しくは知らない方
  • 昔ノンデュアリティについて学んだけれど、難しくて挫折した
  • 世界の真理や、真実が知りたい方
  • スピリチュアルな考えが大好きな方
  • 現在、スピリチュアルなお仕事を実際にされている方

 

追伸:

ブログでお伝えしている、人生を喜びいっぱいにする、方法を分かりやすく、まとめています。

6日間で、迷いが消えて、自然と「幸せ体質」になる無料メールセミナーです。

7つの特典付きで、読むだけで、心が軽く、元気になって、幸せ体質に、生まれ変わります。

今すぐ、クリックして、詳細をご確認下さい。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スピリチュアルで、楽しい人生を! スピタノの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スピリチュアルで、楽しい人生を! スピタノの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

康一

康一

はじめまして、康一です。

ヒーラー・チャネラーとして、高次の存在「スルタン」のメッセージを、お伝えする活動をしています。

このブログでは、スルタンから聞いた、この世で楽しく生きる知恵を、ご紹介しています。

・詳しいプロフィールは、コチラをクリック!

・康一の日記は、コチラをクリック!。

関連記事

  • 【本感想】不安・恐怖を書き出すことから始まる!お金、愛、すべてが流れ込んでくる方法【サユラ著 秀和システム】

  • 【感想 書評】意識と物質のインターフェース タイムウェーバー【寺岡里紗 著 ヒカルランド】スピリチュアル解説