1. TOP
  2. ブログ
  3. 仕事の辞め時やタイミングを知るサイン3つの特徴【スピリチュアル解説】

仕事の辞め時やタイミングを知るサイン3つの特徴【スピリチュアル解説】

 2020/02/10 ブログ
 

仕事の辞め時やタイミングを知るサイン3つの特徴【スピリチュアル解説】

こんにちは、康一です。

この記事では、「ああ、もう仕事辞めたい」、「仕事に行くのがつらい」という方へ

  • スピリチュアルな視点から、仕事を辞めるタイミング
  • 仕事を辞める前に起こる、スピリチュアルなサイン
  • 今の仕事を、本当にやめるべきか、スピリチュアルは側面からの判断方法

を知りたいとお考えの方に、お話ししています。

この記事を読むと、あなたは、

  • 仕事の辞め時やタイミングを知る3つのサインの特徴
  • サインに気づいた後の過ごし方3つのステップ

を理解することが、出来ます。

ところで、私の自己紹介を、少し。

私は現在、ヒーラー・カウンセラーとして、高次の存在「スルタン」からのメッセージを、お伝えする活動をしています。

>>スルタンと康一のプロフィールはコチラ

クライアントのお悩みを聞き、スルタンからのメッセージをお伝えし、ご相談者様のお悩みを、解決しています。

述べ約13445名様に、ヒーリングをさせて頂きました。(2020年1月現在)

毎月8日に無料開放中の「ブロック解放」ヒーリングは、毎月600名近くの参加をいただいています。

ご興味ある方は、公式メルマガにて、ご案内差し上げています。

ご登録は簡単です。今すぐ、詳細をご確認下さいね。

 

解説動画

 

今の仕事は辞め時?タイミングなのか? 変化の前に起こる、スピリチュアルなサイン、3つの特徴

仕事を辞める選択は、人生が大きく変化する時です。ここでは、今の仕事が本当に辞め時なのか? スピリチュアルな視点から、3つのサインについて、お話しします。

 

「橋」のイメージをよく見たり、触れたりする。

今の仕事を辞めるタイミングの前触れに、「橋」のイメージを見たり、触れたりする時があります。

このサインは、今ある場所から、違う場所へと移るべき時が来た、というスピリットからのサインです。

たとえば、仕事を辞めるかどうか、迷っている時に

  • 電車の中で、ふと目をあげると、大きな橋を渡っている時だった
  • 書店で転職雑誌を探していた時に、橋の写真集が目に付いた
  • 橋を渡る夢を連続で観た
  • 友人から、四国や九州など、大きな橋を渡る旅行に誘われた

このようなサインは、今の現状から、違う場所へと移るタイミングを示していると言えます。

 

「道」のイメージをよく見たり、触れたりする。

今の仕事を辞めるタイミングの前触れに、「道」のイメージを見たり、触れたりする時があります。

このサインは、現状からの方向転換の時期だよ、というスピリットからのサインです。

たとえば、今の仕事の内容が不満に感じている時に、

  • 最近よく連続して、道を尋ねられることがある
  • カーナビが、なぜかうまく作動しない時がある
  • 最近、道に迷う事が多い
  • 簡単な作業を、手順通りにしても、なぜか失敗する

このようなサインは、今の現状を、何らかの形で変える必要があると、示していると言えます。

 

「白」のイメージをよく見たり、触れたりする。

今の仕事を辞めるタイミングの前触れに、「白」のイメージを見たり、触れたりする時があります。

このサインは、現状をいったんリセットする時期だよ、というスピリットからのサインです。

たとえば、今の仕事に対して、情熱を感じられなくなっている時に

  • 白いハトや、白い羽を良く見かける
  • 電子機器が急に壊れる、またはフリーズしたり、固まる
  • 雪の降る場所へ旅行に行きたくなる
  • 純白のウェディングドレスを見ることが多い、または良く目につく

このようなサインは、今の現状を、一度白紙に戻して、もう一度再出発する必要がある、と示していると言えます。

 

スピリチュアルなサインに気づいた後の3つのステップ

では、これらのサインを日常的に見たり触れたりした後は、どのように過ごせば、よりスムーズに現状を変えていけるのか、について、ステップを追ってお話ししていきます。

 

自然の中に入って、ゆっくり過ごす、もしくは、何もしない

ステップの1番目は、あなたの心を、まずは落ち着かせることから、始めます。

仕事を辞めたい、変わりたいと感じていいる時は、たいてい「ネガティブな感情」に落ちている時がほどんどです。

このような状態でいる時は、正しくスピリットからのサインやアドバイスを受け取る事は難しいです。

なので、まずは、心を落ち着かせるための行動をとります。

たとえば、

  • 自然の中で、ゆっくり過ごす時間を取る
  • 温泉に行って、一日ゆっくり過ごして、何もしない
  • 気持ちが晴れるお気に入りの神社など、パワースポットに行く

など、今の気分がいったん落ち着く事をします。

ゆっくり過ごしたり、何もしない時間を取ることで、あなたの波動はフラットに戻ってきます。

そうして、ネガティブ過ぎず、ポジティブ過ぎない、フラットな状態に戻ってきた感覚を感じたら、次のステップに進みます。

 

ちょっとした事で良いので、楽しい事をする

ステップの2番目は、ちょっとした事から、気分をあげていきます。

楽しい事をしようと思うと、どうしても、多くの「お金」が必要に感じるかもしれませんが、そうではありません。

たとえば、

  • ちょっと贅沢なチョコを買って食べる
  • いつものランチに、デザートセットを付けてみる
  • 普段はタクシーを使わない距離でも、タクシーを使ってみる
  • 高級ホテルのラウンジで、コーヒーを楽しんでみる

など、あなたの心が、少し心躍る事を、出来る範囲でしていきます。

実は、この時大切な事が、しっかりと「ステップ1」を踏んでいる事です。

心が落ち着いていない状態で、こうした、楽しい事をしても、どうしても、うわべだけの行動になりがちです。

心のどこかで、不安や不満を抱えながら、それを無視するように行動しても、あなたの波動は上がりません。

なので、まずは心を落ち着かせてから、楽しい事を、出来る範囲でする。

すると、気分が「やや、ポジティブ」に向いていきます。

この状態になった時点で、次のステップに進みます。

 

「自分は本当はどうしたいのか?」を問いかけ、方向性を決める

ステップの最後は、「自分はどうしたいのか?」を問いかける段階です。

ここまで来ると、「会社を辞める」事について、冷静に見ることが出来るようになってきます。

この状態で、

  • 自分は本当に、会社を辞めたいのか?
  • 辞めた後、どうしていきたいのか?
  • もし辞めるなら、どのタイミングで辞めるのか?
  • 辞める前に、しておくこと、試しておくことは無いか?

を、自分に問いかけます。

そして、仮にでも良いので、自分の人生のプランを見直して、方向性を決めます。

その方向性に沿って、出来る事やアイデアを箇条書きにしていきます。

あとは、箇条書きにしたアイデアの中から、今すぐできる事から行動していくと、人生をスムーズに変えていく事が可能になります。

 

まとめ

人生は変化の連続です。また、同じところにとどまっている物は、何もありません。

物事は絶えず変化しています。その変化の流れに楽に乗るためには、「ゆるむ」事が大切です。

今回の内容を、実践する事で、本来のあなた自身に戻り、ストレスのない、有意義な人生へ舵を切ることができます。

サインに気づき、選択と行動をする。

その行動の先に、あなたの理想の生活が、約束されています。

 

追伸:

ブログでお伝えしている、人生を喜びいっぱいにする、方法を分かりやすく、まとめています。

6日間で、迷いが消えて、自然と「幸せ体質」になる無料メールセミナーです。

7つの特典付きで、読むだけで、心が軽く、元気になって、幸せ体質に、生まれ変わります。

今すぐ、クリックして、詳細をご確認下さい。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スピリチュアルで、楽しい人生を! スピタノの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スピリチュアルで、楽しい人生を! スピタノの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

康一

康一

はじめまして、康一です。

ヒーラー・チャネラーとして、高次の存在「スルタン」のメッセージを、お伝えする活動をしています。

このブログでは、スルタンから聞いた、この世で楽しく生きる知恵を、ご紹介しています。

・詳しいプロフィールは、コチラをクリック!

・康一の日記は、コチラをクリック!。

関連記事

  • つまらない人生を変えたい人へ、潜在意識を整える3つのスピリチュアルな方法とは?

  • あなたが今すぐ「縁を切る」べき人の3つの特徴とその方法とは?【スピリチュアル解説】

  • 【朗報】一人暮らしの社会人が、週末引きこもりで、人生を豊かにする人の3つの特徴

  • 【年齢別】40代技術職が新しい仕事に挑戦する時にチェックすべき転職のやり方とは?

  • 高次元宇宙の波動エネルギーと上手につながる5つの方法。愛が大切【スピリチュアル解説】

  • 「恋愛・パートナーシップ」一週間連続ヒーリングのご案内